【西大門刑務所歴史館】

西大門刑務所歴史館の外壁

ようやく足を運んだ刑務所跡。
暗く重たい歴史で、
一人で行くには少々気合が必要で、
ずっと宿題だった場所。

驚いたのは、
予想に反して大勢の見学者が
まるで近所の公園のように訪れていること。

この日は祝日だったため、
親子連れや中高生がとても多く、
これだけ皆の日常に近いということが、
違った意味での重たさになりました。

重厚な赤煉瓦の建物と
芝生の緑は
写真映えしそうな美しい眺めで、
なおさら哀しくなります。

何十棟もの建物の中には
当時の歴史がしっかりと保存されています。
最奥にある死刑場と
ご遺体搬出用の小門まで公開されています。

1908年、「独立門」の近くに作られた、
街道を行く人を威圧するような巨大な監獄は、
開所当時は 1,600㎡
1930年代には 51,200㎡に。
30倍以上に激増した、その意味。

20世紀後半には、
朝鮮戦争や独裁政権下で
主人が入れ変わりながら思想犯収監に使われました。

「独立門」から「西大門刑務所歴史館」の一帯は
緑あふれる史跡公園として整備され、
民主化への長い道のりを残す場となっています。


2019
韓国、ソウル Seoul

西大門刑務所の入り口監視塔 西大門刑務所の建物跡は展示館に

 

西大門刑務所跡は芝生とレンガ。美しい場内が胸に迫る 芝生で走り回って楽しむ家族連れ 歴史館の見学は、学生や小中学生の姿も多い 場内案内板 独立門から西大門刑務所歴史館まで歴史公園のマップ




#西大門刑務所
#京城監獄
#西大門刑務所歴史館
#独立門
#ソウル
#韓国併合
#dongnimmungate
#independencegate
#seoul
#seodaemun
#seodaemunprisonhistoryhall

#culturalheritage
#historia #history
#EastAsia Korea
#文化遺産 #世界遺産 #遺跡
#韓国の歴史
#日本の歴史