【民主化の道のり】

大韓民国歴史博物館の屋上から景福宮から青瓦台を一望

ソウルを代表する景観。
景福宮の宮殿が連なり、
その奥に大統領官邸の青瓦台と北岳山。

こんな絶景を目の前にできる
素晴らしいスポットとは。

「大韓民国歴史博物館」の
8階屋上ガーデンからの眺めです。

2012開館したばかりの
初の近現代史の国立博物館。

日清戦争後の様々な外交文書や条約から
展示が始まります。

1945までの日帝強占期と独立運動、
1950からの朝鮮戦争の展示。

意外だったのは、
それらがもっと大きい扱いかと想像したのに反し、
市民の活動や、一人一人の日記など、
草の根の活動を軸とした展示であるということ。

20世紀後半の独裁政権下の民主化運動は
部屋はまだ閉じていて、
展示がされていませんでした。
(2019見学時) (または展示替え?)

まだ難しいだろうことは容易に想像できます。

展示と屋上の眺めから思ったこと。
この立地にこそ意味があるのでは。

景福宮の前をまっすぐに伸びる大通りは、
今もいつもデモで埋め尽くされ、
その映像を世界中が目にする場所。

景福宮の光化門は、
近年こうして復元されましたが、
1995に解体されるまで
巨大な日帝の朝鮮総督府がそびえ立ち、
背後の景福宮も北岳山も覆い隠していた場所。

その只中に博物館は開館しました。
現在進行形の自分たちの民主化を
見守り記録していく場なのかと。

日本語版図録より、金旺植館長の挨拶文抜粋。

ーーーー
学界でも論議の多い韓国近現代史を博物館に盛り込むことは容易ではありませんでした。そのため、大韓民国歴史博物館は、学界で定立された歴史の叙述を基に私達の近現代史を新率に表現するために努力しました。何よりも、今日の大韓民国を築いた真の主人公である国民のストーリーを中心に置くことを心がけました。

今、歩き始めたばかりのため、未熟な点が多いと思います。その未熟さをどうぞ皆様が補ってください。大韓民国の歴史は私達皆で築き上げていく、私達の物語だからです。
ーーーー(抜粋おわり)

いつか機会があれば、
西大門刑務所と大韓民国歴史博物館、
セットで見学がおすすめです。


2019年
韓国、ソウル Seoul
National museum of Korean Contemporary History



#大韓民国歴史博物館
#景福宮
#光化門
#朝鮮総督府
#民主化運動
#西大門刑務所
#ソウル
#koreancontemporaryhistory
#seoul
#seodaemun
#seodaemunprisonhistoryhall

#culturalheritage
#historia #history
#EastAsia #Korea
#文化遺産 #世界遺産
#韓国の歴史 #日本の歴史