【百済3 扶余羅城】

陵寺跡で望む扶余羅城の城壁

百済3番目にして滅亡の都。

白馬江に面する絶壁から
官女たちが次々と身を投げ、
チマチョゴリの花がひらひら舞い落ちたよう、
というのが「落花岩」のいわれ。

伝承としても、
扶蘇山城を歩くと王朝滅亡が胸に迫ります。

さて、その扶余では、
扶蘇山城も含め都全体をぐるりと防衛した
「羅城」のことに注目です。

都市全体を大きく囲んで
山の稜線にぐるりと巡っていた土塁も、
あの百済金銅大香炉が現れた「陵寺跡」も、
整備が進んで見違えるようでした。

羅城といえば、

福岡の大宰府に羅城は?という件、
数年前に出てきた土塁が重要なライン上にあり、
今後も大注目。

羅城となれば日本で初。

百済の亡命貴族が
大宰府を囲む古代山城の築造を
指揮していますし、
羅城があっても不思議はない気がしますが
どうでしょう。

扶余が遠い街とは思えないゆえんです。

憶礼福留、四比福夫と名前まで記された
百済の貴族。
どんな気持ちで玄界灘を眺めつつ
唐軍の来襲に怯えながら
異国に城壁を築いたのか・・・。



2017年
韓国、扶余

扶余陵寺跡では木の橋もでた 陵山里古墳群の装飾が復元展示されている。四神や星座



#扶蘇山城
#羅城
#百済
#扶余
#泗沘
#陵山里古墳群
#陵寺跡
#gongsanseong
#catsle
#buyeo
#baekje

#culturalheritage #worldheritage
#archeology #archeologie #historia #history
#architecture
#EastAsia Korea
#文化遺産 #世界遺産 #遺跡
#韓国の歴史 #韓国の遺跡