ヘレン・ケラーと御真影―西南学院創立百周年に当たっての平和宣言

博物館の階段にノックアウトされ、キャンパスを歩いていたら、
「カフェがオープン」の看板が。

それは要チェック!
と行きついた「西南学院百年館」は、
1階のカフェの他、子どもプラザや会議室などが入る、
地域に公開されている場所でした。

一角に100周年の資料展示コーナーがあり、
100年前の福岡、アメリカなど、
知らない歴史をとても興味深く拝見しました。

 

思いがけない大満足とわずかな違和感を抱え、
学食で90円のコーヒータイム。
探し物をgoogle検索しました。

何気なく。
今見たことの復習のつもりで。

 

探し物とは、
「西南学院創立百周年に当たっての平和宣言」です。
画面に現れた「平和宣言」原文は想像以上のもので、
頭を殴られたようでした。

以前に公表のことは新聞など見ていたし、
友人からも本当にすごい、と教えてもらっていながら、
原文を読んでいませんでした。

 

とって返して、さっき見た「わずかな違和感」を確かめに行きました。

 

100年の年表にちりばめられた写真の中で、
ある場所だけ、
違和感を感じるほどに、なぜか饒舌でした。

戦時下の「御真影の奉納」や「軍事教練」の写真。
そしてそれは、
「ヘレンケラー来校」の記念写真と並んでいます。

小さな一枚、ほんの10cmほどの表現ですが、
あえてこの場に掲示するこの形に至るには、
どれほどの議論があったのかと思います。

 

今は博物館となっている、
旧校舎に刻まれた学生たちの100年間(波打つ階段)も、
年表の写真も、
「忘れない」という意志なのだと感じます。
残すことで創る未来もあります。

 

時々思い返して読めるように、
誰かと話題にしたときに読めるように、
ここに貼っておこう。自分のために。
人間はすぐに忘れてしまいやすい生き物なので。
短く、しかし重たい一枚です。

——————————————
西南学院創立百周年に当たっての平和宣言
―西南学院の戦争責任・戦後責任の告白を踏まえて―
——————————————