【天童寺】

天竜寺の色鮮やかな魚板

深山の大寺院で、
鮮やかな魚板に出会いました。

寧波の奥、峰々に包まれた天童寺は、
中国の禅宗五山の一つ。

日本に曹洞宗を開いた道元禅師が
修行をしたところ。
堂内には道元禅師ゆかりの品を
展示している部屋もあり、
一番奥には碑を拝むための部屋までも。

寧波は、
海のシルクロードの起点で、
世界へ開かれた窓でした。
中世には博多と大いに貿易が栄えました。

博多の唐人街はここから移り住んだ商人たちだったし、
今も多く残る独特の唐風の仏像や石造物は
この行き来がもたらしたもの。

あの時代、
様々な舞台の人が海の向こうを目指した。

住宅街に残る小さな石仏からも、
大海の潮の香りと、
まだ見ぬ世界への湧き立つ気持ちが、
こちらにもうつる気がするのです。

#culturalheritage
#China #temple #buddha
#文化遺産 #寺院 #中国の歴史
#日本の歴史 #福岡の歴史

#Ningbo
#Ningpou
#天童寺
#道元
#道元禅師
#曹洞宗
#寧波