【高橋貝塚と支石墓】

高橋貝塚の神社に祀られた支石墓蓋石

弥生時代のこと。
南の島の美しい貝は優れた交易品で、
南の海人が海流にのって運びました。

薩摩半島の西海岸、
金峰山麓の遺跡の一つ「高橋貝塚」は、
その中継点となり、
貝塚には
加工途中のゴホウラ貝や
加工で出た廃棄部分が、
残っていました。

ここの人たちによって
完成品となった貝輪は
また海を北上して行きました。

各地の首長墓で見つかっている
装飾品として、威信財としての
ゴホウラ貝輪の足跡です。

高橋貝塚は今、
神社となっていますが、
なんとそこには、支石墓の痕跡も!

境内のひと隅に移され、
丁寧に祀られています。

北部九州との往来で、
貝輪が行き、
支石墓が来た、のでしょうか。

海に向かって
広い広い世界が開けていたんだろうなあ。
ワクワクしただろうなあ。

#culturalheritage
#archeology #archeologie #historia #history
#remains #ancienttomb
#megalithic #Dolmen #goindol
#EastAsia #Japan
#文化遺産 #遺跡
#日本の歴史 #日本の遺跡

#takahashishellmound
#kinpo
#minamisatsuma
#kagoshima
#shellmound
#dolmen
#貝塚
#高橋貝塚
#支石墓
#金峰の遺跡
#南さつま市の遺跡
#金峰山