【禅源寺跡】

江華島禅源寺跡の基壇

高麗時代、
対蒙古の精神的支柱として
江華島に創建された寺院跡。

「八萬大蔵経」の寺院として知られます。

慶尚南道の深山、海印寺の、
世界遺産「八萬大蔵経」は、
江華島のここ禅源寺で
版木が彫刻され、奉安されました。

蒙古の侵入により、
開城から江華島へ遷都した高麗王朝の、
大きなものに飲み込まれていく歴史が、
江華島にはぎっしり詰まっています。
内城、外郭城、王宮、離宮、寺院。

その時間の中で祈りを込めて彫られた
「八萬大蔵経」の版木が、
後に海印寺へ移されました。

高麗の「三別抄」が
南下しながら長く抵抗し続け、
ついに済州島で滅びた、
その次の年に、
博多湾が文永の役で襲来を受けたのですから、

高麗時代の半島での出来事は
遠いことと思えないのです。

済州島で壊滅した時の、
三別抄の相手は、
蒙古軍と高麗政府軍の合同チームでした。

#culturalheritage #worldheritage
#historia #history
#buddha #temple
#architecture
#Korea #寺院
#文化遺産 #韓国の歴史 #韓国の史跡

#禅源寺跡
#海印寺
#八万大蔵経
#高麗
#江華島
#三別抄
#ganghwado