【忠州倉洞里磨崖如来像】

南漢江の岸の崖面、倉洞里磨崖仏。川面に面する絶景

磨崖仏は、
南漢江に面した絶壁に刻まれていた。

川に飛び込んでしまうかと思うような
急な階段を川に向かってまっすぐ降りていく。
川岸ギリギリまで降りたところで
斜め後ろに顔を上げると、
姿が拝めた。

なんとも微笑ましい、ユニークなお顔。

この位置は、川面から拝むため?

南漢江はいつの時代も大切な通行路。
先史時代から遺跡が濃密に残る。

高麗時代に彫られたこの磨崖仏は
川を行き交う人を見守り、目印になり、
船上の人は如来の姿に、
旅の安堵を得たのかもしれない。

それにしても、
ゆったり滔々と流れるこの川は、
すべてを包みこんでくれるよう。
ぼーっと川面を眺めていると
穏やかな気持ちにしてくれる。

#culturalheritage #historia #history
#buddha #buddhastatue #buddhistimage
#rockcarvedBuddha
#rockcarve #architecture
#Korea
#文化遺産 #韓国の歴史 #韓国の史跡

#Chungju
#Chungcheongbukdo
#Changdongri
#忠州
#忠清北道
#倉洞里磨崖如来像
#磨崖仏
#高麗時代