【明王院】

明王院の五重塔と本堂はいずれも国宝。和様と唐様の赤

和様と唐様、
折衷様式の姿の美しいこと。

五重塔は南北朝時代、
本堂は鎌倉時代の建築で、
いずれも国宝です。

目の前には
大きな港町、草戸千軒が栄えました。
草戸千軒も、
瀬戸内海に出たところの鞆浦も、
良港として栄えたのは潮の流れゆえ。

瀬戸内海のほぼ中央に位置するので、
ちょうど潮がぶつかるところ。
満ち潮に乗ってここまで進み、
引き潮に乗って先へ進む。
だから潮待ちの場となるそうです。

そうなのか!
こういうお話が大好きです。

草戸千軒には大陸と行き来する商人が
大勢滞在して、
この美しい五重塔を眺めたはず。

珍しい品々が並ぶ
活気あふれる市場を、
五重塔も微笑みながら眺めていたのでしょう。

#明王院
#五重塔
#国宝
#折衷様式
#和様建築
#唐様建築
#草戸千軒
#福山市
#myooin
#fivestoriedpagoda
#pagoda
#kusadosengen
#nationaltresure

#culturalheritage
#archeology #archeologie #historia #history
#temple #buddha #buddhastatue #buddhistimage
#architecture
#EastAsia #Japan #China
#文化遺産
#日本の歴史 #日本の遺跡