【ソウルの高句麗】

ソウルの峨嵯山(アチャさん)に残る高句麗遺跡

峨嵯(アチャ)山は、
漢江を見下ろす戦略上の重要拠点で、
高句麗・新羅・百済の三国時代の、
多くの高句麗遺跡が残っている。

百済の蓋鹵王が処刑されたのも、
高句麗の温達(オンダル)将軍が最期を遂げたのも、
ここだというのだから。

百済は最初の都・漢城が途絶え、
第2の都・熊川(現・公州)へ遷都し続くことになる。

奪還を果たせず心を残す
オンダル将軍の棺はどうしても動かず、
馬を走らせ迎えにきた妻の平岡姫が
帰りましょうと声をかけたら、
ようやく動いた伝説とか。

そんなあれこれを想像しながら、
大都会ソウルの絶景を一望できる場所。
手を伸ばせば届きそうな距離に、
漢江と対岸の百済の遺跡群が見える。

山の突端に残る円形の石組みは
建物跡でもなく、
用途が分かっていないと聞いた。
祈り?共同作業?料理?
「円壇」を想像したりもした。
皇帝が天と繋がる祈りの場。

紅蓮峰の堡塁は著名で、
発掘現場がいくつもブルーシートで覆われていた。
どんな話がわかってくるのか楽しみだ。

ソウル市内東端のこの小高い山は、
ハイキングの人たちで賑わっていた。
新年は初日の出を拝む大勢の人が登る。

オンダル将軍と平岡姫の銅像では
カップルが写真を撮るそうだ。

かつての軍事施設が、今は平和で満たされる。

#archeology #archeologie #historia #history
#remains #ancienttomb #moundtomb
#stoneroom #stonework
#architecture
#EastAsia #Korea #Southkorea
#遺跡 #古墳
#韓国の歴史 #韓国の遺跡
#Seoul #Achasan #Baekje #Silla
#Goguryeo #ソウル #百済 #漢城
#高句麗 #温達将軍 #オンダル将軍 #蓋鹵王
#紅蓮峰堡塁