【陽陵地下遺跡博物館】

陽陵地下遺跡博物館の副葬品の夥しい陶俑

最高に興味を持っていた1つ。
地下世界へ入り込めると。

兵馬俑が、
発掘した地中をむき出しのまま覆い、
地上目線から眺めるのに対し、

ここ陽陵地下遺跡は、
発掘した地中に潜り込み、
同じ目線から眺める構造。

地下博物館という新しい試み。

土足厳禁。
入り口で靴カバーを着用。
緩やかな長い坂を降りていく。
ヨモツヒラサカを歩いているような。

保護のため、灯は薄暗い。
ガラス張りの廊下と壁で造られた中、
空中散歩のように進む。

言葉を失う世界だった。
長い長い通路。
夥しい数の土坑。
陶俑だけでも多様な姿、多様な配置。

食器、武具、馬車、
ブタ、ヒツジ、イヌ。

ミニチュアなのに驚くほどの精巧さ。

まるで、
お雛様飾りのようにミニ生活空間を再現し、
巨人の自分がその村を歩いて眺めているような、
異次元体験。

西安市の隣の咸陽市。
前漢4代目の皇帝、景帝陽陵の陵園には、
81の陪葬坑、
数万点の出土物。(陪葬坑だけで)

景帝が埋葬されたのはBC141。
紀元前に
こんな技術、こんな世界が
繰り広げられていたとは。

そして今、
こんな斬新な見せ方で蘇らせてくれるとは。

#culturalheritage
#China
#遺跡
#文化遺産 #中国の歴史

#Xian
#Xianyang
#西安
#咸陽
#景帝陽陵
#前漢
#陪葬坑