【ブルガサリ】

景福宮のオンドル煙突は華やかな装飾。神獣ブルサガリ

景福宮を進むと
雰囲気の違う華やかな一角がある。
中でも裏手の「煙突」は美しい。

多くの部屋に巡らされた
オンドル(床下暖房)の
煙道をまとめたもの。

「ブルガサリ」という
想像の神獣がいるそうだ。
火と鉄を食べる、というのが面白い。

慈慶殿は朝鮮王朝終末期、
高宗擁立に役割を果たした
先帝の妃のために建てられた寝殿。

(解説板より)
「煙突の中央には、
太陽・山・水・石・雲・鶴・松・鹿・亀・不老草の十長生文を入れ、その上と下には鶴とブルガサリ(火と鉄を食べる想像の動物で辟邪の役割をする)などを配置することで長寿と厄払いを願った。
朝鮮時代の煙突の中で最も優れていると評価されている。」

#culturalheritage #worldheritage
#archeology #archeologie #historia #history #remains  #architecture
#EastAsia #Korea
#文化遺産 #世界遺産
#韓国の歴史 #韓国の遺跡

#Geongbokgung
#Geongbokgungpalace
#Jagyeongjeon
#ondol
#chimney
#Seoul
#景福宮
#慈慶殿
#十長生煙突
#オンドル