馬家、馬鹿、バカいろいろ

『東アジア考古学辞典』を愛用しています。
話題を1つ。

中国の文化「馬家浜文化」という項目がありました。

読み方は、
ページを見たり検索の50音順を辿ると簡単にわかるわけですが、
中国の地名や固有名詞は唸ることが多く、
たまにゲーム感覚で
自分の読みが当たるまで意地になってしまいます。

「馬家浜」、どう読まれますか?

まかはま、
まげはま、
うまげはま、
うまかはま、
ばけはま、


正解は

「ばかひん」

いわれてみればそりゃそうだという解なのに、
なぜループを抜けられなかったのか・・。
バカ、という響きに無意識の先入観があったのでしょうか。
おまけにヒンとなると、
おバカな馬がヒヒーンと鳴く図が浮かぶ情けなさ。

先入観は怖い。

思い込みからはいつも意識して自由になりたい、
という一件でした。

合わせて、
「馬鹿」の語源が気になったので調べたら
いろいろあって面白かったです。

 

今週はお盆。皆様にとって良い時間となりますように。